フリースクール

フリースクールについて

対 象
  小学生・中学生・高校生
登校 (コース)
  週1回・週2回以上
時 間
  9時30分~ 15時30分の間

お問い合わせは 電話またはメールで お願い致します。
面談後、一人ひとりのスケジュールを決定していきます。
学校出席扱いにつきましては、教育委員会・学校長と話し合いの上、決定致ます。

お問い合わせは電話またはメールでお願い致します。054-364-7700

精華清水フリースクール 規約・要項

『精華清水フリースクール』は、様々な理由により現在学校に通えていない、
あるいは休みがちな小学生・中学生・進路を模索中の若者達の為の「学びの場」
です。ここでは、一人ひとりの生徒が自分らしく・充実した日々を過ごせるよ
う共に歩んでいきます。それが『精華清水フリースクール』です。
このフリースクールの母体は、学校法人 山口精華学園 精華学園高等学校
清水校です。




第一条<名称> この団体は精華清水フリースクールという。

第二条<目的> この団体は、不登校・ひきこもりの本人・家族に対して、相談・訪問・
           居場所づくりなどの事業を行い、子供達の成長を第一に考え、
           青少年の健全育成に寄与する事を目的とする。

<スローガン> ①挨拶をしよう②敬語を使おう③時間を守ろう④「有難う」を言おう
           ⑤みんなで助け合おう⑥前向きになろう

第三条<対象> 小学4年生~小学6年生、中学1年生~中学3年生
           不登校及び不登校傾向の児童・生徒及び特別支援教育を必要とする
           軽度発達障害の児童・生徒。
           高校生は精華学園高等学校 清水校への入学が可能。

第四条<入学> 入学は随時実施しております。
           「入学願書」「写真2枚」「入学申込書」を提出し、
           校長が承認した者とする。

第五条<退学> 退学を希望する者は、退学する1カ月前までに校長にその意思を伝える。

第六条<除名> 次の事項に該当するとき、その他、校長が生徒として、
           不適格と判断した者に対し除名する事が出来るものとする。
           ① 本規約に違反した時、又は違反と判断した時
           ② 名誉と品格を著しく毀損した時

第七条<休学> 病気等特別な理由がある者は許可を得て休学できるものとする。

第八条<事故> 必ず各自、任意保険に加入する。
           通学途中の怪我については自己責任とする。

第九条<連絡> 欠席・遅刻・早退等の連絡は必ず本人・保護者がする。

第十条<体験> 体験希望者は必ず保護者同伴で体験用紙に記入後、
           2回を限度に体験を行う事が出来る。

第十一条<登校日数> 登校は週1回、週2回、週4回からなる。

第十二条<学校出席扱い> 教育委員会・学校長との話し合いで決定致します。

第十三条<付則> 規約は必要に応じて随時改正する事ができるものとする。



入学される生徒(保護者含む)の全ては、以上の趣旨に賛同しているものとみなします。


精華学園高等学校《広域通信制・単位制》清水校 フリースクールについて
このページの上にもどる